北海道の舗装道路についての研究活動をしております。

舗装研究委員会

委員会からのお知らせ

2017年10月12日
「積雪寒冷地におけるコンクリート舗装の設計・施工に関する手引(案)」の掲載について

舗装研究委員会コンクリート舗装小委員会では、「積雪寒冷地におけるコンクリート舗装の設計・施工に関する手引(案)」(2017年度版)をとりまとめました。今回、本手引(案)のPDF版を掲載しましたので、ダウンロード(PDF)してご活用下さい。

ダウンロート゛ 右クリックから「対象をファイルに保存」を選択してください



2017年06月15日
情報更新のお知らせ

「組織概要」を更新しました。

「活動内容」および平成28年度事業報告[PDF]を更新しました。



2016年06月30日
情報更新のお知らせ

「組織概要」を更新しました。

「活動内容」および平成27年度事業報告[PDF]を更新しました。

「書籍購入申込書」「発行書籍」のトップに掲載しました。



2015年07月27日
情報更新のお知らせ

「組織概要」を更新しました。

「活動内容」および平成26年度事業報告[PDF]を更新しました。



2015年07月13日
●図書を出版しました

北海道舗装研究委員会軽交通舗装小委員会が纏めた下記の指針を出版しました。ご購入には舗装研究委員会(電話011-222-1921)までご連絡をお願い致します。

軽交通舗装の施工と補修指針(平成27年北海道版)  カラーA5版 117ページ 頒価2000円 (消費税込み)



2014年06月30日
情報更新のお知らせ

「組織概要」を更新しました。

「活動内容」および平成25年度事業報告[PDF]を更新しました。



2013年07月22日
北海道舗装史(電子版)の掲載について

舗装研究委員会では、北海道の舗装技術に関する歴史をまとめた「北海道舗装史 上・下巻」(昭和60年・61年)を発刊しております。今回、本舗装史をPDF版として掲載しましたので、利活用してください。

ダウンロート゛上巻138MB 右クリックから「対象をファイルに保存」を選択してください

ダウンロード 下巻136MB 右クリックから「対象をファイルに保存」を選択してください



2013年04月09日
軽交通設計要領(平成23年度北海道版)の訂正について

2012年04月3日に掲載しました軽交通設計要領(平成23年度北海道版)に
一部誤りがありましたので、訂正版(PDF)を掲載します。
(訂正内容)
付録-2設計例(P29)の2.構造設計で、凍上抑制層厚を決定する際、⑦を2捨3入するとしていましたが、最終の⑦を5cm単位に切り上げるが正解となります。
これにより、P29とP30の2頁をすり替えました。



2012年07月18日
軽交通舗装設計要領(平成23年度北海道版)の掲載について

舗装研究委員会では、「軽交通舗装設計要領」(平成7年度北海道版)の改訂を行い、
平成23年度北海道版として平成23年の4月に発刊しています。今回、本要領のPDF版を掲載しましたので、
ダウンロード(PDF)
してご活用下さい。



2009年08月31日
●図書を出版しました

下記2点の邦訳図書を出版しました。ご購入には舗装研究委員会までご連絡をお願いします。

長寿命アスファルト舗装 技術版 白黒A4版23ページ 定価1000円
 長寿命舗装とは、ひび割れ、わだち掘れなどの破壊を基層まで及ばさないことによって舗装の設計寿命を飛躍的に延ばすそうとする考え方である。本書は、低ライフサイクルコストを実現できる長寿命舗装を提供するための設計・材料選択・施工・維持修繕技術・マネジメントの方法などに関する知見を、欧州アスファルト舗装協会(EAPA)が集大成したものである。

砕石マスチックアスファルト(SMA) カラーA4版14ページ 定価1000円
 SMAは欧州で開発されたアスファルト混合物の一種であり、砕石マスチックアスファルト(Stone Mastic Asphalt)と呼ばれている。配合の特徴は、骨材容積率が高い、粗骨材量が多い、アスファルト量が多い、安定化添加材が添加されている、の4点で、適切な配合で製造・施工されたSMAは、塑性変形抵抗性、ひび割れ抵抗性、摩耗抵抗性、すべり抵抗性などの高い性能を有している。本書はドイツアスファルト舗装協会(GAPA)がSMAに関する知見をとりまとめたものである。



2009年08月07日
●舗装研究委員会のホームページを公開しました

舗装研究委員会のホームページを立ち上げました。
引き続き、記事を追加して参りますので宜しくお願いします。